メインメニューへ 本文へ
Home|Korean|English

専門家招請セミナー

Seminars by Invited Experts

生命政治的統治性の法の意味:水俣訴訟を中心に 詳細情報
テーマ 生命政治的統治性の法の意味:水俣訴訟を中心に
発表者 イ・ヨンジン(李榮眞)江原大学文化人類学教授
日時 2021年 3月 30日 (火) 12:30 ~ 14:00
場所 Zoom Webinar
回次 250回
討論
発表者は、日本の代表的公害病である水俣病の歴史を発症から正式公害病認定、その後複数回にわたる訴訟に至るまでの過程を系譜学的に再構成しながら、疾病の「社会的生活」を究明して、生命の政治的支配性ており、法とは何であるからという問いを提起してみようした。
1956年から原因不明の病と呼ばれた水俣病は、1968年から政府の公害病公式発表以来、現在の名称である水俣病と呼ばれるようになった。患者への補償と賠償をめぐる議論を考慮すると、水俣病の歴史は、戦後日本の高度資本主義化の病理構造を示す社会である。発表者は、水俣病の歴史を水俣病の公式認定までを1期、発表後の報酬をめぐる訴訟の勝訴に至る期間を2期、未認定患者をめぐる訴訟の政治的解決に至る期間を3期に区分して、これを一種の社会的ドラマとして再構成しようとした。水俣病の時系列を厚く書く作業を通じて、病気が社会的に構成されているプロセスを照明しようとしており、その過程で再発見された多くの争点を研究課題にしよをすることができた。
1期では、大きく3つの問題を調べることができる。原因物質の究明に集中するのに初動対処に失敗した問題は、既存の医学的定説に対する信頼のために新生児と子供を放置した胎児水俣病の問題、公式補償と賠償ではなく、形式的に行われた1959年の見舞金契約の問題がそれである。 2、3期に行われた訴訟は、「水俣病補償処理委員会」の設立に基づいて患者に紛争処理を厚生省に依託するよう確約書の受け入れをめぐり分かれ少数の訴訟の波によって開始された。 1次訴訟は、1969年から始まった重症患者への補償をめぐるもので、水俣病研究会の研究結果を重要な根拠にして、1972年に原告側が勝訴した。この勝訴は法理的根拠だけではなく、進歩だった当時の世論の圧力が大きく影響を及ぼしたと考えられる。やはり原告が勝訴した2次訴訟は、1973年に始まったもので、救済希望被害者数に比べて厳しい認定基準により極めて少数だけに認められたことに対する訴訟だった。 1980年から提起された3次訴訟は、国の責任を問うもので、これもほとんどの地域で原告が勝訴し、政府の解決策提示で解決されたが、これは世論の圧力と裁判所の和解勧告によるものであり、政府側の立場は変わらなかったことを確認することができる。
発表者は、これらの歴史の中で、韓国でもサムスン半導体白血病事件と加湿器殺菌剤事件のような事件が同じ構造で繰り返されることを認定制度の問題で理解できると見た。生命政治的統治性の訴訟と法の意味は何なのか、水俣訴訟が原告側の全面勝訴をもたらし、再発防止のための措置をした画期的なものであったにも認定申請患者の10%だけが認められて曖昧な方法で補償された限界は、この病気の特殊な状況に起因するのか、あるいは訴訟の本質的属性に起因するのか、訴訟が弱者の武器が正しいことをなどを、今後の研究の問題として提起した。最後に、2次訴訟が提起された状況で、本社占拠などの直接行動をした未認定患者などの実践が持つ意味を次の課題として提示し発表が終わった。
発表が終わった後、質疑応答が続いた。水俣病のケースが公害病として持つ普遍性と特殊性は何なのか、コロナ19以降、既存の生命政治的統治がどのように機能するのか、生命政治統治性の観点により、水俣病訴訟では、新しいポイントの導出が可能であることなどの質について議論が行われた後、セミナーが終わった。
イメージ

TOP