メインメニューへ 本文へ
Home|Korean|English

専門家招請セミナー

Seminars by Invited Experts

解放前在日本朝鮮人美術留学生 詳細情報
テーマ 解放前在日本朝鮮人美術留学生
発表者 金智英 東京芸術大学芸術学科博士
日時 2020年11月24日(火) 12:30~14:00
場所 Zoom Webinar
回次 245回
討論
朝鮮人の日本美術留学生は近代美術の概念を輸入したという点で、韓国美術史で非常に重要である。日本の朝鮮人美術留学生の1900年から1945年までに約半世紀の間、500人、個人師事を受けた非制度圏の留学生を含めるとそれ以上である。このうち半分に近い留学生は日本で、日本化された洋画を学ぶ洋画専攻で、その次に多くの専攻は繊維美術(刺繍アート)であった。特に女性美術学校は、洋画が絶対多数の他の学校とは異なり、刺繍アートが多数だったが、これはジェンダーによる違いに起因する。
美術を含む植民地期の女性留学生は豊富な経済的基盤と女性の教育の必要性を認識した家庭環境という条件を持っていたが、留学の動機と目的は、大きな制約を受けた。 「女性に役立つ学問」を選択しなければならない社会的認識と家族の許諾、そして留学後のキャリア女性として社会経済的自立をしなければならないという目的が専攻決定の最大の要因であった。したがって卒業証書や教師の資格を取得することが留学の最大の目的であり、刺繍アート自体を学問の対象や学問の深化活動にここの場合は少なかった。新聞水の輸入を介して、アーティストとして立身出世を目指した男性美術留学生との差がここで出てきた。
これらのジェンダーの違いは帰国後、活動にも大きな違いを生じており、洋画、男性中心の花壇で刺繍芸術は一つのアートとして認められず、アマチュア美術として扱われたからである。これは家内の手工芸品製作の女性と区別される感商品を製作する男性を指すために芸術家の概念を誕生させた芸術でのジェンダー位階をそのまま見せてくれる。
また、留学の地域でも位階が表示され、ほとんどが東京を中心とした美術留学系で少数の大阪美術学校出身の留学生は、いくつかの差別的な特徴を示した。まず、朝鮮全域から集まった東京とは違って慶南、済州出身が多かったことと、最初から留学を目的としたのが、非貧困移民出身者が進学したという点であった。これらの大阪美術学校出身者は解放後も中央花壇に進出していない慶南や済州地域花壇で、主に滞在し、地方美術のノスタルジー的アイデンティティを模索した。
もう一つの特殊なケースでは、超現実主義の画家で韓国人や在日朝鮮人としてのアイデンティティを拒否し、日本人に残っうとした真鍋秀夫を挙げることができる。このように、近代朝鮮人美術留学はジェンダーとジャンル、地域の位階が絡んで複数の敵面を帯びたし、その留学環境と体験の違いから様々なアイデンティティが派生しているので、その全体像を光に大きな意義がある。

質疑応答:帝国大学に進学して官僚に進出した朝鮮人たちと比べて、美術留学生も同様の留学動機をガジョトニャヌン質問に対し、発表者は、同様に官立美術学校に進学した留学生が日本に協力して解放後の制度化にも大きな影響を及ぼしたが、逆説的にそれを拒否した私設塾出身者は、特に李仲燮のような芸術家が韓国美術史に残るされた評価を下した。韓国人あるいは在日朝鮮人のアイデンティティを拒否し、日本人に隠遁した真鍋秀夫の追加質疑も続き、ディアスポラ芸術家のアイデンティティをどのように再び確立するかについての質問や悩みも続いた。
イメージ

TOP